*画像クリックでチラシPDFが開きます
「国際漆展・石川2017輪島展」
会  期   2017年11月11日(土)~2018年1月14日(日)
      *12月29日~31日は年末休館
開館時間  9:00~17:00(入館は16:30まで)
主  催  国際漆展・石川開催委員会
入 館 料   一  般 620円(510円)
      高大学生 310円(210円)
      小中学生 150円(100円)
       *( )内は20名以上の団体料金
会  場  石川県輪島漆芸美術館

 本展は漆の国際公募展として1989年(平成元年)にはじまり、今回、第11回目の開催となる。これまで毎年、世界の十数ヵ国から数多くの素晴らしい作品が寄せられており、「漆の新しい広がり」を考える国際的な展覧会として高い評価を得ている。
 本展の開催では漆芸品を用いた現代的な生活スタイルや、新しい感性の提案などを広く国内外に求めることにより、漆器産業の活性化と漆芸を通じた国際交流の推進、さらには生活文化の向上が期待されている。暮らしの中の漆を提案するデザイン部門、新しい感性表現として漆を用いたアート部門の2部門により、漆の様々な可能性を探るものである。
 出品目録はコチラ(PDF)

関連行事
ギャラリートーク
講 師:内野 薫(審査委員)
日 時:11月19日(日)午後1時30分~午後2時30分(予定)
会 場:2階展示室 ※要入館券



●同時開催「輪島塗の歴史と文化」

 中世以来の永い歴史を有する輪島塗は、18世紀以降、沈金・蒔絵の加飾技法を発達させ、用と美を兼ねそなえた漆器として基盤をかため、全国にその名を高めました。江戸時代から現代までの輪島塗を通じて、「堅牢優美」とうたわれてきた、その発展の歴史と文化をご紹介します。
 出品目録はコチラ(PDF)


 
 【次回展覧会】
 
 「第35回日本伝統漆芸展」輪島展
会  期:2018年1月27日(土)~2月19日(日)*会期中無休
開館時間:9:00~17:00 *最終日は16:00まで
主  催:石川県輪島漆芸美術館 公益社団法人日本工芸会
後  援:文化庁 石川県 輪島市 石川県教育委員会 輪島漆器商工業協同組合 朝日新聞社
     公益財団法人岡田茂吉美術文化財団 北國新聞社 NHK金沢放送局
 
   
石川県輪島漆芸美術館(いしかわけんわじましつげいびじゅつかん)
928-0063 石川県輪島市水守町四十苅(みともりまちしじゅうがり)11番地  Googleマップは→こちらをクリック
Tel.0768-22-9788 Fax.0768-22-9789 E-mail urushiart@ca1.wannet.jp