国民健康保険税の軽減措置

公開日 2016年02月02日

国民健康保険税には、所得が一定額以下の世帯を対象とした軽減措置があります。

 

軽減措置対象世帯

前年の世帯の所得額が下表の基準に該当する場合は、保険税額の均等割・平等割の合計金額が7割・5割・2割軽減されます。

軽減率

判定基準

軽減判定基準(平成29年度)
7割軽減

世帯主(擬制世帯主を含みます)と被保険者の所得の合計額が

 33万円

を超えない世帯
5割軽減

世帯主(擬制世帯主を含みます)と被保険者の所得の合計額が

 33万円+27万円×被保険者数

以下の世帯
2割軽減

世帯主(擬制世帯主を含みます)と被保険者の所得の合計額が

 33万円+49万円×被保険者数

以下の世帯

※ 擬制世帯主・・・世帯主ご本人は社会保険等の被保険者であるが、同一世帯に国民健康保険の被保険者がいる場合、国民健康保険税の納税義務者となる世帯主のことをいいます。

所得の申告

この軽減措置は、世帯主(擬制世帯主を含みます)及び世帯の国民健康保険被保険者全員の所得状況に基づき自動的に適用されます。

ただし、世帯主(擬制世帯主を含みます)及び世帯の国民健康保険被保険者の中に所得未申告の方がいる場合、軽減措置は適用されません。未申告の方の所得申告が必要です。

※所得がない方でも「所得がない」との申告が必要になります。

関連ワード

お問い合わせ

総務部 税務課
TEL:0768-23-1126
FAX:0768-23-1127