県内で麻しん(はしか)が発生しています

公開日 2017年04月27日

 『麻しん(はしか)』にご注意ください。

◎『麻しん(はしか)』とは

 麻しんウイルスによる感染症で、非常に強い感染力があります。感染の約10日
後に発熱やかぜ症状が始まり、2~3日発熱が続いた後、39度以上の高熱と共
に発疹、咳が出現します。

◎『感染期間』

 風邪症状が出現する1日前から解熱後3日程度です。

◎『予防のために』

 手洗い・マスクの励行だけでは予防はできません。ワクチン接種をお勧めします。
 予防接種歴については以下の表を参考にご確認ください。

 
対 象 確認事項
平成2年4月2日以降に生まれた方

麻しんの予防接種を2回受ける機会があったため、感染の可能性は低いが、母子手帳で2回接種が済んでいるかをご確認ください。

平成2年4月1日以前に生まれた方 幼児期に1回予防接種を受けてから相当の年月が経過しているので、感染防御のための十分な免疫がない可能性があります。医療機関にご相談の上、ワクチン接種をお勧めします。

 1歳児と保育所・幼稚園年長児のお子さんは定期予防接種として無料で受けられます。できるだけ早く受けましょう。

◎『お願い』

 麻しんが疑われる場合は、必ず事前に医療機関に連絡のうえ、指示に従い受診し
てください。受診の際は感染防止のため公共交通機関の利用は避けましょう。

◎参考

 石川県HP(感染症対策) http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kansen/index.html

 国立感染症研究所          http://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/518-measles.html 

お問い合わせ

福祉環境部 健康推進課
TEL:0768-23-1136
FAX:0768-23-1138