訪問買い取りのトラブルにご注意ください

公開日 2017年09月29日

「不要な洋服や電化製品などを買い取るというので家に来てもらったら、強引に宝石や貴金属を買い取られた」というトラブルが全国的に発生しています。

強引な買い取り業者には気をつけましょう。

不審な場合には輪島警察署や奥能登広域消費生活センターまでご相談ください。

 

輪島警察署 ☎22-0110

奥能登広域消費生活センター ☎26-2307

 

【訪問買い取り心得】

○いきなり訪問してきた購入業者には応対しない

 ・突然訪問して勧誘することは禁止されています。

○事前に買い取りを承諾した物品以外売らない

 ・消費者が勧誘を受け入れた物品以外の物品について勧誘することは禁止されています。

 ・承諾した物品を売却した際には、物品の種類や特徴、購入価格、クーリング・オフ等について記載された書面の交付を求めてください。

○売却後、8日間は物品を引き渡さない

 ・消費者はクーリング・オフ期間中(法律で定められた書面交付から8日間以内)物品の引渡しを拒むことができます。

○むやみに貴金属を見せない、触らせない

 

関連リンク

不用品を買い取ると言ったのに貴金属を買い取られた!! ー終活の一環!? 高齢者を中心に訪問購入のトラブルが発生していますー((独)国民生活センターホームページへリンク)

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20170907_1.html

 

関連ファイル

見守り新鮮情報「訪問して買い取りを行う業者との契約は慎重に」

見守り新鮮情報[PDF:275KB]

お問い合わせ

産業部 漆器商工課
TEL:0768-23-1147
FAX:0768-23-1153

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード