母子保健サービス

公開日 2015年04月07日

母子健康手帳の交付

 医療機関から妊娠届出書の交付を受けたら、早めに母子健康手帳の交付を受けましょう。お母さんとお子さんの健康記録として大切です。随時、健康推進課(輪島市ふれあい健康センター)で交付を行います。

【持参いただくもの】 医療機関が発行する妊娠届出書または妊娠証明書、個人番号カードまたは通知カード

マタニティ・イクメン教室

 6・10・2月に1コース4回で実施しています。妊娠中の過ごし方や食生活、お産の流れ、赤ちゃんの沐浴について学びます。

  平成30年度 マタニティ・イクメン教室 日程表[PDF:561KB]

赤ちゃん訪問

 赤ちゃんが生まれたら保健師が家庭を訪問し、産後のお母さんやお子さんの身体とこころの健康を支援します。

先輩ママのお祝い訪問

 保健師の赤ちゃん訪問後、市で委嘱している母子保健推進員が赤ちゃんのお祝い訪問をしています。お祝い品(絵本2冊)をプレゼントし、 お母さんの悩みなど子育ての先輩として相談にのります。

「子育て情報」(パパママはっぴーメール)配信サービス

 輪島市メールマガジンの一つとして、乳幼児の健診や予防接種等、子育てに関連した情報を電子メールでお知らせします。

 配信を希望される方は下記のURLをクリックし、ご登録ください。

 【輪島市メールマガジンについてはこちらから  】

   URL http://www.city.wajima.ishikawa.jp/docs/2015031600011/

妊産婦・乳幼児の健康診査

キャプション

対象

受診の時期

健診名

受診方法、内容

実施場所

お母さん

妊娠中

妊婦一般健康診査(14回)

*妊婦一般健康診査(15~17回)

個別に医療機関でうける健診です。

母子健康手帳発行時にお渡しする『母子健康診査受診票』を使って、無料で健診を受けられます。

里帰りのため県外医療機関で健診を受けた場合、費用の助成を行っています      

*詳細は「石川県外での妊産婦・乳児健康診査費用の助成」をご覧ください

出産予定日を過ぎてから妊婦健診(15回目以降)を受けた場合も費用の助成を行っています

*詳細は「妊婦健診(15回目以降)の助成」をご覧下さい

石川県内

医療機関

産後2週間

(産後2週間頃)

産後1か月(産後50日まで)

産婦一般健康診査(2回)

お子さん

生後1か月(生後3か月まで)

乳児一般健康診査(1)

生後10か月(生後11か月まで)

乳児一般健康診査(2)

4か月になる月

4か月児健診

市が実施する乳幼児健診です。

月齢、年齢ごとに集団で受ける健診です。

身体計測、小児科診察、歯科診察(4か月健診はありません)、栄養相談、保健相談等があります。

輪島市ふれあい

健康センター

1階検診ホール

1歳6か月になる月

1歳6か月児健診

3歳3か月になる月

3歳児健診

★赤ちゃんや幼児の健診は個人通知していません。下記日程表や広報、または子育て情報(パパママはっぴーメール)をご覧ください。

H30年度 乳幼児健診 対象者と日程表[PDF:134KB]

 

石川県外での妊産婦・乳児健康診査費用の助成 

◎対象となる方

  (1) 里帰り出産などの理由により、石川県内の医療機関で健診を受診できなかった方 

  (2) 健診受診時に輪島市に住民登録のある方

◎申請期間  石川県外で最初に受けた健診の受診日から1年以内(郵送不可、代理申請可)

◎申請場所  輪島市ふれあい健康センター 輪島市健康推進課 母子保健係 

◎申請に必要なもの

  (1) 輪島市妊婦・産婦・乳児健康診査助成金申請書  

様式第1号(第9条関係)[PDF:44KB]  

     領収書がない場合

様式第2号(第9条関係)[PDF:30KB]

  (2) 医療機関発行の健診費用が分かる領収書(レシート、コピー不可)

  (3) 母子健康手帳と母子健康診査受診票(未使用の受診票が必要です)

  (4) 本人または保護者の預金通帳と印鑑(夫も可)

妊婦健診(15回目以降)の助成  

   輪島市では、妊婦一般健康診査(14回分)の受診票を交付していますが、出産予定日を過ぎて妊婦健康診査を受診した場合についても、上限額を限度として費用を助成します。

◎対象となる方

 (1) 輪島市内に住所を有する妊婦とする。健診時、申請時ともに輪島市に住所を有することが必要です。

 (2) 妊婦一般健康診査14回目の受診票を使い終わり、出産予定日を過ぎて妊婦健診を受診した妊婦。

◎助成内容

   平成30年1月1日以降の健診が対象となります。

   助成額 1回につき上限額5,730円、3回を限度とする。

  (妊婦健診に要した費用のうち、保険外診療分の額の範囲内。保険診療分は対象外とする。)

        申請期間 該当する妊婦健康診査の最終受診日から1年以内とする。

◎申請方法

 (1) 市立輪島病院での妊婦健診

         妊婦健診を受診する際、妊婦一般健診受診票(市立輪島病院産婦人科窓口に置いてあります)を

         記入してください。妊婦健診費用を支払う必要はありません。

 (2) 市立輪島病院以外での妊婦健診

   輪島市ふれあい健康センター内 健康推進課へ必要書類を添えて申請してください。

  【申請時に必要なもの】

   ①.妊婦・産婦・乳児一般健康診査助成金交付申請書(様式第1号)*

   (*申請書は健康推進課窓口にあります)

   ②.医療機関、助産所発行の妊婦健診の健診料がわかる領収書  

   ③.母子健康手帳

   ④.妊婦本人の振込先金融機関の口座が確認できるもの

   ⑤.はんこ(スタンプ式は不可)

  【支払い方法】

   後日、申請書に記載された指定口座へ振り込みます。

子育て相談・教室等

【子育てママの癒しのサロン】

 妊婦さんや育児中のお母さんを対象としたママのためのサロンです。子育ての不安やイライラする気持ちなど

ゆっくりと語り合う場となっています。開催場所はふれあい健康センターです。

平成30年度 子育てママの癒しのサロン 日程表[PDF:189KB]

【乳幼児健康相談】

 乳幼児を対象とし身体測定を行います。また、子育てや離乳食等の悩みや疑問がある方は保健師、栄養士、

保育士がその場で相談にのります。お子さんの成長を確認できる場となっています。

開催はふれあい健康センターは毎月、もんぜん児童館は偶数月、町野めばえ子育て支援室は奇数月です。

詳細は下記の日程表をご確認ください。

平成30年度 乳幼児健康相談 日程表[PDF:43KB]

【おやこ子育て広場】

 2か月~12か月頃(離乳完了期)対象の子育て教室です。対象により3つの広場に分かれております。

キャプション

教室名

対象

内容

開催場所

すくすく広場

2か月頃

身体測定、母乳育児、発達

輪島市ふれあい健康センター

のびのび広場

4~8か月頃

(離乳初期~離乳中期)

離乳食の調理実習、生活リズム

ぐんぐん広場

8~12か月頃 

(離乳中期~完了期)

離乳食の進め方、とりわけ離乳食等、ふれあい遊び

 申込は、輪島市健康推進課(TEL:23-1136)までご連絡ください。詳細は下記の日程表をご確認ください。

平成30年度 おやこ子育て広場 日程表[PDF:64KB]

【むし歯予防事業(フッ素塗布、フッ素洗口)】

 輪島市では、フッ素による歯質強化とむし歯予防を目的に「フッ素塗布」「フッ素洗口」を行っています。

 

事業名

対象

内容

開催場所

フッ素塗布

3歳3か月児

3歳児健診にてフッ素を

乳歯に塗布します

輪島市ふれあい健康センター

フッ素洗口

市内保育所、幼稚園の年中・年長児

フッ素の水溶液を口に含み、

ぶくぶくうがいを行います

 各保育所・幼稚園

お問い合わせ

福祉環境部 健康推進課
TEL:0768-23-1136
FAX:0768-23-1138

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード