広葉樹植栽を進めています!

公開日 2013年07月10日

 

 
 

森林の現状

 森林は、水源の涵養・土砂災害の防止及び、河川を経由し遠く離れた海洋への栄養分補給等の多面的な機能を有し、人々の生活に豊かな恵みを与えてきました。

 しかし、近年では木材価格の長期にわたる低迷及び所有者の高齢化に伴う手入れ不足により荒廃が進み、森林のもつ重要な機能の低下が危惧されています。

模式図

広葉樹植栽事業

 輪島市では、森林のもつ多面的な役割の大切さを広く伝えると共に健全な育成を目指すために、緑の少年団及び北部外浦水産振興協議会と協力し、市内の市有林8箇所で6、620本の広葉樹の植栽を行っています。

 今後も植栽事業を通じて森林のもつ多様な機能を広く啓蒙すると共に、豊かな森林を後生に伝えていくために、森林の環境保全をはかっていきます。

植栽実績1植栽実績2

平成28年度 植栽事業

 平成28年11月に門前町鍛冶屋地内の市有林で、緑の少年団・北部外浦水産振興協議会・輪島市林業研究グループ・門前町林業研究グループ・石川県・輪島市の72名で300本のクヌギ、コナラを植栽しました。

 H28植栽状況1       H28植栽状況2       

お問い合わせ

産業部 農林水産課
TEL:0768-23-1141
FAX:0768-23-1197