児童扶養手当

公開日 2015年05月22日

◆児童扶養手当とは

  父母の離婚などで、父または母と生計を同じくしていない子どもを養育している家庭(ひとり親家庭等)の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。

◆支給要件

  次の1~9のいずれかに該当する子どもについて、母、父または養育者が監護等している場合に支給されます。

     1 父母が婚姻を解消した児童

     2 父または母が死亡した児童

     3 父または母が一定程度の障害の状態にある児童

     4 父または母が生死不明の児童

     5 父または母に1年以上遺棄されている児童

     6 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けている児童

     7 父または母が1年以上拘禁されている児童

     8 婚姻によらないで生まれた児童

     9 その他、上記1~8に相当すると認められる場合

  ※平成26年12月より、お子さんを養育している方やお子さんが公的年金を受給していても、年金の月額が児童扶養手当よりも低い場合、差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。

◆手当の支給額

  手当の受給資格者(児童を養育するもの)が監護・養育する子どもの数や受給資格者等の所得などにより決まります。

  ※手当には所得制限があります

【手当の額】
区分  全部支給されるとき    一部支給されるとき

児童1人のとき

月 額 42,290円 月額 9,980円~42,280円

児童2人のとき

加算額 9,990円 加算額5,000円~9,980円

児童3人以上のとき

児童2人を除いて1人につき

加算額 5,990円

加算額3,000円~5,980円

◆現況届

  手当の受給資格者は毎年8月に現況届の提出が必要となります。

  ※現況届の提出がないと受給資格の喪失となる可能性があります。

   手当額が0円の方についても提出が必要となりますので忘れずにお願いします。

 

お問い合わせ

福祉環境部 福祉課
TEL:0768-23-1161
FAX:0768-23-1196

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード