こどもの医療費助成

公開日 2014年10月02日

こどもの医療費現物給付(窓口負担なし)の対象年齢を18歳までに拡大します。

平成28年10月診療分から医療費の助成は18歳までが対象となります。

キャプション
  平成28年9月診療分まで 平成28年10月診療分から
対 象 者 出生の日から15歳に達する日以後の最初の3月31日までにある者。 出生の日から18歳に達する日以後の最初の3月31日までにある者。

助成金額

出生~

中学生

全額助成 全額助成

高校生等

助成なし

全額助成

助成方法

市内の

医療機関等

現物給付 現物給付

市外の

医療機関等

償還払い

県内は現物給付

県外は償還払い

  ※ 現物給付とは・・・医療費の助成対象となる費用について、医療機関等の窓口での負担が無料となります。

  ※ 現物給付に対応していない医療機関等もありますので、窓口で必ず確認してください。

 ※ 次に該当する場合は「こどもの医療費」助成の対象となりません。

   ●健康保険がきかないとき

   ●入院したときの食事療養費

   ●他の公費負担医療制度の適用を受ける場合

   ●交通事故等第三者行為による診療の場合

   ●学校や保育所での負傷や疾病など、(独)日本スポーツ振興センターの災害共済給付の対象となる場合

◎高校生等や出生、転入したこどもが現物給付を受ける場合には、医療機関等の窓口で「こどもの医療費受給資格者証」を提示する必要があります。

 「こどもの医療費受給資格者証」は、福祉課等(門前総合支所地域生活課、各支所・出張所)の窓口で交付申請をし、「こどもの医療費受給資格者証」の交付を受けていただく必要があります。

キャプション

~お子さんの健康状態を見守り、適切な受診を心がけましょう~

 近年、軽い症状でも休日や夜間に病院を受診する方が増えています。休日や夜間の受診は、割増料金が加算され、高い医療費を支払うこととなります。また、窓口が混み合うことにより、緊急性の高い重傷者の治療に支障をきたすことが心配されます。本当に必要な方が安心して受診できるようにご協力ください。

 

お問い合わせ

福祉環境部 福祉課
TEL:0768-23-1161
FAX:0768-23-1196