個人市民税

公開日 2017年05月18日

個人市民税とは

 市が行う各種行政サービスに必要な経費を、市民の方にその能力(担税力)に応じて広く分担していただくために課税される税金です。

 また、個人市民税は、個人県民税と併せて納めていただく制度となっており、個人市民税と個人県民税を併せて「個人住民税」といいます。

納税義務者

 毎年1月1日(賦課期日)現在、市内に住所を有する個人で一定以上の所得がある方は均等割及び所得割の合計額が課税されます。

 また、市内に住所を有しなくても、賦課期日に市内に事務所、事業所又は家屋敷がある個人は、均等割が課税されます。

均等割

 県民税2,000円(いしかわ森林環境税500円含む)+市民税3,500円=合計5,500円

 ※平成26年度から県民税・市民税の均等割はそれぞれ500円引き上げとなっています。

所得割(総合課税分)

課税標準額の計算

 所得金額の合計額から所得控除の合計額を差し引いて「課税標準額(1,000円未満切り捨て)」を算出してください。

所得割額の計算

 上記課税標準額に、次の区分に応じて税率を乗じてください。

  総合課税分・・・県民税4% 市民税6%

 上記金額から「調整控除」、「配当控除」及び「税額控除」を差し引いた金額が課税される所得割額となります。

※分離課税の計算方法は、所得・種類ごとに税率が異なりますのでお問い合わせください。

市・県民税の特別徴収

給与特徴(事業所特徴)

 会社等にお勤めの方は、毎月の給与から市・県民税が月々天引き(特別徴収)されます。ただし、退職された方や休職等をされている方は、特別徴収ができないため、普通徴収(口座振替・直接納付・納税組合)による納付となります。

年金特徴

 65歳以上の方は、市・県民税が公的年金等から天引き(特別徴収)されます。詳しくは、こちらのペ-ジをご確認ください。

関連ワード

お問い合わせ

総務部 税務課
TEL:0768-23-1126
FAX:0768-23-1127