健康食品の送り付け商法にご注意下さい!

公開日 2014年08月13日

 「申し込んだ覚えのない健康食品を送りつけられた」という、健康食品の強引な販売に関する相談が増えています。

 高齢者の相談が多く、突然「以前お申し込みいただいた健康食品を今から送ります。」という電話があり、「申し込んだ覚えがない。」と断ったのに強引に送りつけられた、というのが特徴です。

 

◆電話で「以前申し込みいただいた」と言われても、覚えがなければきっぱりと断りましょう。あいまいな対応をしていると承諾したものとみなされてしまいます。

◆ほとんどが代引き配達制度を利用して商品が送られてくるので、配達されたら受け取りを拒否しましょう。いったん払ってしまうと代金を取り戻すことが困難です。

◆注文していないのに商品が送りつけられた場合は、14日間(商品の引き取りを販売業者に請求したときは7日間)開封せず保管しておけば、その後は自由に処分ができます。

◆電話で勧誘され承諾した場合でも、契約書面受領の日から8日間のクーリング・オフ期間があるので、書面で通知しましょう。

 

高齢者が被害にあわないよう、ご家族やご近所の方など周囲の方々の見守り・声かけなどによるご支援をお願いいたします。心配な時は、相談窓口にご相談ください。

 

健康食品送り付け商法にご注意下さい!

 

消費生活相談窓口

【奥能登広域消費生活センター】

TEL◇0768-26-2307

【市役所漆器商工課】

TEL◇0768-23-1147

お問い合わせ

産業部 漆器商工課
TEL:0768-23-1147
FAX:0768-23-1153