森林の立木を伐採するときには届け出が必要です

公開日 2014年09月19日

◎伐採及び伐採後の造林の届出はなぜ必要なの?

  森林は、多面的機能を有しており、私たちの生活になくてはならない貴重な財産です。

  無秩序な森林の伐採・開発による荒廃化や災害を防ぐために、森林の立木を伐採する場合には、森林法第10条の8などの規定により、あらかじめ市に「伐採及び伐採後の造林の届出」を提出しなければならない事となっています。

 

◎誰が届出を行うの?

  森林所有者や立木を買い受けた者などです。

  立木を伐採する者と伐採後の造林を行う者が異なる場合は、連名で提出します。

  

  例えば、以下のとおりです。

    ♦森林所有者(自分で、あるいは請負によって伐採する場合)

    ♦森林所有者と立木買い受け者〈連名〉(伐採業者などが森林所有者から立木を買い受けて伐採する場合)

 

◎届出の時期はいつ?

  伐採を始める90日から30日前までです。

 

◎届出の提出先は?

  輪島市役所 産業部農林水産課 に提出してください。

 

◎届出をしないとどうなるの?

  100万円以下の罰金に処せられることがあります。(森林法第207条)

 

 

 ※対象は、保安林などを除く民有林です。

 ※様式および記入例は市町村窓口のほか、林野庁HPからも入手できます。http://www.rinya.maff.go.jp/j/keikaku/sinrin_keikaku/con_5.html

 

◎届出用紙

  伐採及び伐採後の造林の届出様式 伐採届様式EXCEL版(29.0KBytes)伐採届様式WORD版(50.5KBytes)

お問い合わせ

産業部 農林水産課
TEL:0768-23-1141
FAX:0768-23-1197