マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)について

公開日 2015年11月10日

 

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)とは

 マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)は、複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための基盤であり、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとっての利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤です。

 マイナンバー(個人番号)は、日本国内に住民票を有するすべての方(中長期在留者や特別永住者などの外国人も含む。)に付番・通知される1人ひとつの12桁の番号です。

マイナンバー制度によって変わること

  • 公平・公正な社会の実現

 所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行うことができます。

  • 国民の利便性の向上

 添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、国民の負担が軽減されます。また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ることができます。

  • 行政の効率化

 行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されます。

平成27年10月 マイナンバーの通知

 住民票を有するすべての方(中長期在留者や特別永住者などの外国人も含む。)に、12桁のマイナンバーをお知らせするため「通知カード」が送付されます。

 「通知カード」(紙製)の券面には氏名、住所、生年月日、性別及びマイナンバーが記載されます。顔写真の表示はありませんので、単体で本人確認のための身分証明として用いることはできません。

マイナンバーは一生使うものです。マイナンバーが漏えいして、不正に使われるおそれがある場合を除いて、一生変更されませんので、大切にしてください。 

*住民票の住所に転送不要の簡易書留で郵送されますので、今のお住まいと住民票の住所が異なる方は、お住まいの市町村へ住民票の異動をお願いします。

*DV、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者の方や、医療機関・施設等への長期入院・入所のため、住所地以外への通知カードの送付を希望される方は申請登録が必要になります。申請の方法は「マイナンバー(個人番号)通知カードの送付に係る居所情報の登録について」を参考に申請登録の手続きをして下さい。

平成28年1月 マイナンバー利用開始、個人番号カードの交付開始(申請者のみ)

 社会保障、税、災害対策分野の行政手続でマイナンバーの利用が開始され、国の行政機関や都道府県・市町村等の窓口へ提出する書類の一部にマイナンバーの記入が求められます。

 個人番号カード(顔写真付きのICカード)の交付を希望される方は、上記の「通知カード」送付時に同封される、個人番号カードの交付申請書類をご返送ください。平成28年1月以降、順次カードを交付します。初回交付手数料は無料です。

 注)住民基本台帳カードをお持ちの方は有効期限まで利用可能ですが、個人番号カードの取得を希望する場合は、発行時にお持ちの住民基本台帳カードを回収します。両方のカードを所有することはできません。

 注)住民基本台帳カード向け公的個人認証サービス電子証明書の発行、更新、失効の手続きは、平成27年12月  22日(火)17時をもって終了いたします。

個人情報保護

 マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の手続のために、国や地方公共団体、勤務先、金融機関、年金・医療保険者などに提供するものです。こうした法律で定められた目的以外にむやみに他人にマイナンバーを提供することはできません。

 他人のマイナンバーを不正に入手したり、他人のマイナンバーを取り扱っている人が、マイナンバーや個人の秘密が記録された個人情報ファイルを他人に不当に提供したりすると、処罰の対象になります。

関連リンク

 内閣官房 「社会保障・税番号制度」

政府広報オンライン 「マイナンバー特集」

政府広報オンライン 動画ファイル 「マイナンバー 社会保障・税番号制度が始まります(個人向け編) 」

お問い合わせ

「通知カード」「個人番号カード」に関することや、その他マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関するお問い合わせはマイナンバーコールセンターまで

マイナンバー総合フリーダイヤル

0120-95-0178(無料)

対応時間

平日 9:30~22:00 土日祝 9:30~17:30(年末年始12月29日~1月3日を除く)

一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)

・マイナンバー制度に関すること 050-3816-9405

・「通知カード」「個人番号カード」に関すること 050-3818-1250

外国語対応フリーダイヤル

*英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応

・マイナンバー制度に関すること 0120-0178-26

・「通知カード」「個人番号カード」に関すること 0120-0178-27

(英語以外の言語については、平日9:30~20:00までの対応となります。)

 

お問い合わせ

福祉環境部 市民課
TEL:0768-23-1131
FAX:0768-22-9123