公共交通機関の運賃割引

公開日 2017年02月09日

JR旅客運賃の割引 

障害のある方がJR線を利用して旅行する場合、運賃等が割引になります。

【対象者】 身体障害者手帳および療育手帳所持者

 ※第1種及び第2種の区分は、手帳の「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額」欄に記入されており、

  第1種というのは本人及び介護者の方が、第2種というのは本人の方が割引になります。

【割引率】 5割(小児定期乗車券は割引なし)

【利用方法】手帳を乗車券発売窓口に提示し、行先、乗車券類の種類等を口頭又はメモの提示により申し込みます。

【割引対象切符】

キャプション

種類

第1種身体障害者

及び知的障害者

第2種身体障害者

及び知的障害者

普通乗車券

単独又は介護者とともに乗る場合。ただし単独で乗る場合は片道100kmをこえないと割引にならない。

単独で片道100kmをこえて乗る場合

急行券

介護者とともに乗る場合

割引にならない

普通回数

乗車券

定期乗車券

12歳未満の障害のある方が介護者とともに乗る場合。

(特別急行列車に対する特別急行券は除かれます。)

※第1種身体障害者及び知的障害者が、介護者とともに乗る場合は、介護者についても割引になります。

〈問い合わせ先〉JR西日本金沢支社   TEL 076-253-5222  FAX 076-253-5225

北陸鉄道バス・電車運賃の割引

(バス)…市内近郊路線バス、県内特急バス等

【対象者】身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳所持者

1.現金で乗車されるときは、身体障害者手帳、療育手帳及び精神障害者保健福祉手帳の提示のみで

  半額に取り扱っています。(5円の端数は10円に切り上げになります。)

2.身体に障害のある方、知的障害のある方及び精神に障害のある方が介護者と共に乗る場合は、

  介護者についても割引になります(係員が必要とみなした場合)。

  (介護者は障害のある方と同伴のある場合に限る。)

3.定期券の場合には、所定定期運賃額の3割引になります。

4.ICカード(アイカ)利用の場合、特別割引登録(障害者割引)をすれば引き去り運賃が半額になります。

  また、30分以内の乗り継ぎにより次のバスで20円が割り引かれます。購入時及びバス利用時(手帳に

  挟んでご利用ください。)に手帳提示が必要です。

※県外都市とを結ぶ高速バスについては、身体障害者手帳、療育手帳所持者のみ割引になります。

(電車)

【対象者】身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳所持者

1.現金の場合は、半額に相当する運賃とともに手帳を提示して乗車します。

(5円の端数は10円に切り上げになります。)

2.定期券の場合は、割引になることもありますので下記に問い合わせてください。

〈問い合わせ先〉北陸鉄道テレホンサービスセンター

        営業時間 毎日8:00~19:00

TEL 076-237-5115  FAX 076-237-6961

航空運賃の割引

 満12歳以上の第1種身体障害者及び第1種知的障害者が満12歳以上の介護者と共に、又は単独で

 旅行する場合、割引になります。第2種身体障害者及び第2種知的障害者は、本人のみ割引になります。

【対象者】 身体障害者手帳所持者

【利用方法】 航空券販売窓口に手帳を提示

【割引率】 適用区間及び割引率は、利用される各航空会社にお問い合わせください。

(参考)小松空港駐車場料金についても割引があります。

割引額 5割引(出口で手帳を提示するため、第2駐車場に限る)

お問い合わせ

福祉環境部 福祉課
TEL:0768-23-1161
FAX:0768-23-1196