入湯税

公開日 2017年04月26日

入湯税は、消防施設の整備や観光の振興、鉱泉源の保護、環境衛生施設の整備などの費用に充てるための目的税で、鉱泉浴場(温泉)の入湯客に対して課税されます。

納税義務者

鉱泉浴場の入湯客

※ 年齢12歳未満の者は除く。

税率

入湯客1人1日につき150円

申告手続きおよび納税方法

  • 入湯税は、鉱泉浴場の経営者(特別徴収義務者)が入湯客から徴収して納入する税金です。
  • 特別徴収義務者が、毎月1日から同月末日までに徴収した税額を翌月の15日までに申告して納めます。
  • 申告には、「入湯税納入申告書」を使用します。必要事項を記入、押印の上、市役所税務課へ提出していただきます。入湯税納入申告書[PDF:39KB]  入湯税納入申告書[DOC:60KB]  入湯税納入申告書[XLS:56KB]
  • 納税方法は、「入湯税納入申告書」に記入した申告税額を、納付書に記入して、市内に本支店のある金融機関(ゆうちょ銀行を除く)で納めていただきます。

※ 納付書は市役所税務課にあります。必要な場合は、ご連絡ください。

新たに鉱泉浴場を経営するとき

新たに鉱泉浴場を経営しようとするときは、経営開始の日の前日までに次に掲げる事項を申告していただきます。

  • 経営者の住所
  • 経営者の氏名または名称
  • 経営者のマイナンバー(個人番号または法人番号)
  • 鉱泉浴場施設の所在地
  • その他必要な事項

※ 申告書の様式は市役所税務課にあります。必要な場合は、ご連絡ください。

関連ワード

お問い合わせ

総務部 税務課
TEL:0768-23-1126
FAX:0768-23-1127

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード