一覧へ

うるしの宿 やしき旅館

外観写真

 昭和10年8月、商人宿として創業。輪島市が全国に「漆の里」として歩み始めた頃、薦められて「うるしの宿」と命名し、漆にこだわり、漆器を多用し、模様替えをするたびに漆塗りの建物に替え、玄関側に「輪島塗見本椀美術館」も開設し新しい郷土料理と「漆」にこだわった宿として特色づけてきました。

玄関写真

 古輪島塗、角さんの「そば皿」、各種塗り膳、コーヒーカップ、黒塗御膳(朝食用)、和風の漆芸檜風呂、大正~昭和の輪島塗見本椀(展示)。他にも玄関、階段、廊下、トイレ、風呂等にベンガラ塗りの拭き漆を施しております。

漆器写真

 漆器は使った後、手入れ次第で輝きもするし、曇ってもきます。漆の好きなひと、研修所の研修生に洗っていただき、拭き磨いてもらうようにし、自分でも漆器組合に頼んで高等訓練生として漆塗り等の勉強もしてきました。


《宿泊料金》 1泊2食付 12,855円(消費税・入湯税込)~
 ※上記料金は、2名様1室でのお一人様料金です。
《チェックイン》 15:00
《チェックアウト》 10:00
《客室数》 6室
《駐車場》 6台(無料)
《その他》 温泉風呂
《郵便》 928-0001
《住所》 石川県輪島市河井町15-13-73
《電話》 0768-22-0138 《FAX》 0768-22-5729

玄関写真 廊下写真

より大きな地図で 漆の香るお店マップ を表示

輪島市 産業部 漆器商工課 漆器産業振興室

電話(0768)23-1147 FAX(0768)23-1148 shoukou@city.wajima.lg.jp

gotop

'>