病院概要

基本理念・基本方針・看護理念

【基本理念】

 「心の通う医療サービスの提供」 

 地域の中核病院として、行政機関、医療機関、介護施設と連携し、

地域に必要な医療を公平・公正に提供し、住民の生命と健康を守る

ため、多様化する医療需要に対応できる医療環境の整備を図り、

医療を受ける人の立場での診療や看護につとめることを基本とする。

 

【基本方針】

1.地域医療の確保

  救急や災害医療等、地域に必要とされる医療を提供し、住民の

 健康の維持・増進に努める。

2.質の高い医療の提供

  医療従事者の教育・研修等、職員の不断の研鑽により、質の

 高い医療の提供と地域の医療水準の向上に努める。

3.患者中心の医療の推進

  患者の権利と尊厳を尊重し、思いやりの心で気持ちのよい

 接遇に努め患者中心の医療を推進する。

4.医療安全の徹底

  安心して医療を受けられる環境を整備すると共に、職員の

 教育を徹底しより安全な医療の提供に努める。

5.健全経営の確保

  公共性を確保し、合理的かつ効率的な病院経営に努め、

 健全で自立した経営基盤を確保する。

 

【看護理念】

 「思いやりとコミュニケーション」

  患者様の人格を尊重し、質の高い看護を提供します

  各部門と信頼関係を保ち、責任と誇りを持ちます

  地域住民とのふれあいを大切にします

 

【患者さまの権利】

1.最善の医療を平等に受ける権利があります。

2.治療方法について必要な情報を得て、自ら治療方法を

 選択することができます。

3.医師・病院を自由に選択し、また他の医師の意見を

 求める権利があります。

4.プライバシーが保護される権利があります。

5.診療情報の開示を求める権利があります。

6.人格が尊重され尊厳が守られる権利があります。