石川県輪島漆芸美術館
当館の概要ご利用案内年間スケジュールコレクションアクセスEnglishホームへ戻る
 
開催中の展覧会これからの展覧会これまでの展覧会
展覧会スケジュール
 
2021年度展示企画案内
会  期 展  覧  会  名
3月9日(火)~5月10日(月) 第26回 飛翔する輪島の漆芸作家たち
            -全国展入選作品-

 漆の里・輪島の漆芸作家たちは、全国公募展を舞台に活躍しています。2019年度の日展や日本伝統工芸展などの展覧会入選作・特別出品作を、会派を越えて展示し、彼らの飛翔する姿をご紹介します。

大本山總持寺開創700年記念
總持寺祖院伝来の名宝展 Ⅰ 石川・輪島の文化財
※前後期展示入替えあり
 輪島市門前町の古刹・總持寺祖院は、曹洞宗大本山として永い歴史を刻んできました。開創700年の記念の年となる2021年は、總持寺祖院に関わる展覧会を2回にわたって開催します。第1弾では石川県及び輪島市指定文化財の優品を紹介します。
石川緊急事態宣言延長のため臨時休館 5月11日(火)~6月13日(日)
6月14日(月)~7月4日(日)
*会期が変更になりました。
生新の時2021―漆芸の未来を拓く―
 漆芸を専門に学んだ大学・大学院の卒業生・修了生の作品を展示します。個性豊かでみずみずしい若い世代の感性は、漆芸の世界に新風を吹き込んでいます。作品を通じて漆芸の未来を探ります。
展示替え休館 7月5日(月)~9日(金)
7月10日(土)~8月29日(日) 漆芸の《チーム日本》
      ―東京2020によせて―

 東京オリンピック・パラリンピックを目指して情熱を燃やしてきた我が国のアスリートたち。その姿に敬意を込めて漆芸の世界からエールを送ります。富士山や桜など、日本を象徴する様々な文様が描かれた作品の数々を展示します。
展示替え休館 8月30日(月)~9月4日(土)
9月5日(日)~10月24日(日) 開館30周年記念特別展
メイド・イン・ワジマ―漆の時代―
※前後期展示入替えあり
 人々のたゆまぬ努力と熱意によって、時代ごとに刷新されてきた輪島の漆芸の形を紹介します。経営戦略や意匠と技、価値観の多様化にもとづいた現代の作り手による挑戦を通じ、新しい時代に手渡す輪島漆芸のこれからを問います。
展示替え休館 10月25日(月)~29日(金)
10月30日(土)~11月28日(日) 大本山總持寺開創700年記念
總持寺祖院伝来の名宝展 Ⅱ 地域とともに歩む

 輪島市門前町・總持寺祖院の記念展覧会の第2弾です。画幅や漆芸手箱など伝来の美術工芸品や、貴重な僧具を紹介するとともに、總持寺発展の背景となった周辺地域との関わりを探ります。
展示替え休館 11月29日(月)~12月3日(金)
12月4日(土)~
2022年1月23日(日)
みんなの《推し》コレクション:推しコレ!
 当館のコレクションは、開館30周年の歩みの中でご寄贈など多くの善意に支えられ充実してきました。その中から、輪島市民や漆芸家、漆芸美術館ファンの皆さんが《推し》として選んだお気に入りの作品をご紹介いたします。
年末休館 12月29日(水)~31日(金)
展示替え・館内整備のため休館 2022年1月24日(月)~2月4日(金)
2月5日(土)~2月27日(日) 第39回 日本伝統漆芸展
 日本工芸会による漆芸部会公募展の全入選・入賞作を展示します。重要無形文化財保持者(人間国宝)から新進作家まで、様々な挑戦をご覧いただけます。あらゆる漆芸技法をご堪能いただける貴重な機会です。
展示替え休館 2月28日(月)~3月4日(金)
3月5日(土)~5月8日(日) 第27回 飛翔する輪島の漆芸作家たち
            ―全国展入選作品―

 漆の里・輪島の漆芸作家たちは、全国公募展を舞台に活躍しています。2020年度の日展や日本伝統工芸展などの展覧会入選作・特別出品作を、会派を越えて展示し、彼らの飛翔する姿をご紹介します。
展示替え休館 5月9日(月)~13日(金)

 *「第26回 飛翔する輪島の漆芸作家たち―全国展入選作品―」及び「開館30周年記念特別展 メイド・イン・ワジマ―漆の時代―」を除くすべての会期に「輪島塗の歴史と文化」展を併催しています。
 * 展覧会名・日程は変更することがあります。

  
 
   
   石川県輪島漆芸美術館
石川県輪島漆芸美術館(いしかわけんわじましつげいびじゅつかん)
928-0063 石川県輪島市水守町四十苅(みともりまちしじゅうがり)11番地  Googleマップは→こちらをクリック
Tel.0768-22-9788 Fax.0768-22-9789 E-mail urushiart@ca1.wannet.jp