石川県輪島漆芸美術館
当館の概要ご利用案内年間スケジュールコレクションアクセスEnglishホームへ戻る
 
開催中の展覧会これからの展覧会これまでの展覧会
展覧会スケジュール
 
2022年度展示企画案内
会  期 展  覧  会  名
3月5日(土)~5月8日(日) 第27回 飛翔する輪島の漆芸作家たち
            ―全国展入選作品―

 漆の里・輪島の漆芸作家たちは、全国公募展を舞台に活躍しています。2020年度の日展や日本伝統工芸展などの展覧会入選作・特別出品作を、会派を越えて展示し、彼らの飛翔する姿をご紹介します。

輪島塗大型地球儀完成記念展
夜の地球 Earth at Night-隠された技をたどる-
*9月11日(日)まで会期延長
 国の重要無形文化財保持団体に認定されている輪島塗技術保存会が、5年の歳月をかけ大型地球儀を制作しました。輪島塗の伝統を継承しながら、漆芸の可能性に挑んだ完成までの歩みをご覧ください
展示替え休館 5月9日(月)~13日(金)
5月14日(土)~7月3日(日) 生新の時2022―漆芸の未来を拓く―
 漆芸を専門に学んだ大学・大学院の卒業生・修了生の作品を展示します。個性豊かでみずみずしい若い世代の感性は、漆芸の世界に新風を吹き込んでいます。作品を通じて漆芸の未来を探ります。
展示替え休館 7月4日(月)~8日(金)
7月9日(土)~9月11日(日) うるしの昆虫館―むしむし大集合!―
 チョウやトンボ、ホタルなど、自然豊かな日本において身近な存在である昆虫をモチーフにした漆芸作品を展示します。多様な漆芸技法によって表現される虫たちの世界をご案内します。
展示替え休館 9月12日(月)~16日(金)
9月17日(土)~11月6日(日) 特別展 人間国宝 山岸一男の世界
 2018年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された山岸一男氏は、沈金だけではなく色漆や螺鈿などの技法も用いて制作を続けてきました。氏の作品と魅力と絶えざる研究の歩みを珠玉の作品とともにご紹介します。
展示替え休館 11月7日(月)~11日(金)
11月12日(土)~
2023年1月22日(日)
INSIDE INSIDEー開ける楽しみ・広がる世界ー
 作品の蓋や扉を開けて展示し、通常の展示では隠されてしまう部分や仕掛けをご覧いただきます。作品の新たな一面を知る扉を開き、その内側に広がる世界にご案内します。
年末休館 12月29日(木)~31日(土)
展示替え・館内整備のため休館 2023年1月23日(月)~2月3日(金)
2月4日(土)~2月26日(日) 第40回 日本伝統漆芸展
 日本工芸会による漆芸部会公募展の全入選・入賞作を展示します。重要無形文化財保持者(人間国宝)から新進作家まで、様々な挑戦をご覧いただけます。あらゆる漆芸技法をご堪能いただける貴重な機会です。
展示替え休館 2月27日(月)~3月3日(金)
3月4日(土)~5月7日(日) 第28回 飛翔する輪島の漆芸作家たち
            ―全国展入選作品―

 漆の里・輪島の漆芸作家たちは、全国公募展を舞台に活躍しています。2021年度の日展や日本伝統工芸展などの展覧会入選作・特別出品作を、会派を越えて展示し、彼らの飛翔する姿をご紹介します。
展示替え休館 5月8日(月)~12日(金)

  * 展覧会名・日程は変更することがあります。
  
 
   
   石川県輪島漆芸美術館
石川県輪島漆芸美術館(いしかわけんわじましつげいびじゅつかん)
928-0063 石川県輪島市水守町四十苅(みともりまちしじゅうがり)11番地  Googleマップは→こちらをクリック
Tel.0768-22-9788 Fax.0768-22-9789