「税を考える週間」について

公開日 2022年10月26日

11月11日(金)から17日(木)は、「税を考える週間」です。

「税を考える週間」とは、皆様に税の仕組み、使い道や必要性について考えていただき、税金に対する理解を一層深めていただくことを目的として設けられた週間です。

この「税を考える週間」にあわせて、小中学生から応募があった税に関する書道・ポスター・作文の作品展や、北陸税理士会輪島支部による無料税務相談などを予定しております。この機会に私たちにとって身近で大切な税金について考えてみませんか。

 

【税に関する作品展】

   ◆門前総合支所1階(門前地区の小中学生の作品) 11月 2日(水)~ 8日(火)

   ◆ワイプラザ輪島店              11月11日(金)~17日(木)

 

【奥能登地区入賞作品展】

   ◆能登空港ターミナルビル3階         11月19日(土)~24日(木)

 

【税理士会による無料税務相談所の開設】

   ◆ワイプラザ輪島店   11月13日(日)10時~正午、13時~16時

 

【高校生による書道パフォーマンス】

税知識の普及と納税意識の向上を図ることを目的として、輪島税務連絡協議会主催の書道パフォーマンスを行います。日本航空高等学校石川、石川県立穴水高等学校、石川県立能登高等学校の書道部員等の皆さんにより3.5メートル×5メートルの紙に各高校で考えた「題字」と「税に関するメッセージ」を表現します!皆様に『税がどのように使われているのか』や『税がどのように役立っているのか』ということを改めて考える機会にしていただければと思います。ぜひ、ご覧ください!

   ◆開催日時:11月13日(日) 13時~15時   ◆会場:輪島市総合体育館

   ◆展示期間:11月15日(火)~1月12日(木)   ◆場所:輪島市サンアリーナ

 

お問い合わせ

市民生活部 税務課
TEL:0768-23-1126
FAX:0768-23-1127