電子入札システムの新方式(脱Java)への切り替えについて

公開日 2020年05月01日

 輪島市電子入札システムのご利用に当たり、現在ご使用いただいている電子入札システム専用JREのサポート期限が令和2年9月30日となっております。

 そのため、全国の発注機関は、一般財団法人日本建設情報総合センター(JACIC)が開発・提供する「電子入札システム専用JREを使用しない電子入札コアシステム(新方式:脱Java)」へ順次移行する予定です。(詳しくは一般財団法人日本建設情報総合センター(JACIC)(外部サイトへリンク)のホームページ(応札者向け情報)をご参照ください。)

 つきましては、下記のとおり作業が必要となりますので、輪島市電子入札システムをご利用の皆様はご対応くださいますようお願いします。

輪島市電子入札システムの新方式(脱Java)コアシステムへの移行時期

 令和2年6月29日(月)

輪島市電子入札システムをご利用の皆様において必要な対応

アプリケーションの更新作業及びパソコンの設定

 新方式(脱Java)コアシステムを利用するためには、お使いのパソコンにおいて電子入札に使用するアプリケーションの更新作業が必要になります。アプリケーションの配布及び更新作業方法は、電子入札用ICカードを購入した民間認証局(外部サイトへリンク)からアナウンスされますので、ご確認ください。

 また、アプリケーションの更新作業後、パソコンの設定が必要となります。入札参加者ポータルサイト(外部サイトへリンク)に「新システム設定手順・動作確認手順」が掲載されていますので、この手順に従い、パソコンの設定をお願いいたします。

 なお、更新作業及びパソコン設定後は、新方式(脱Java)コアシステムへの切り替えを意識することなく、輪島市電子入札システムをご利用いただけます。

更新作業及びパソコン設定期限

 令和2年6月28日(日)

支援コンテンツ

 輪島市電子入札システムをご利用の皆様が正しくパソコンを設定できたかを検証するツール(支援コンテンツ)です。アプリケーションの更新作業及びパソコンの設定後に検証をお願いします。

 ・パソコンの設定

  手順書[PDF:897KB]を参考にパソコンの設定をしてください。

 ・事前検証ツール

  正しくパソコン設定ができているかを検証するツール[ZIP:1.27MB]です。ファイルを解凍して検証してください。

 ・検証用サイト(確認サイト)

  正しくパソコン設定ができているかを検証するサイト(外部サイトへリンク)です。

  検証用サイトに接続できることで、新方式(脱Java)切り替え後の接続も担保されます。

  「検証用サイトでの新方式(脱Java)の設定確認手順書(受注者用)」[PDF:2.2MB]の工事受注者の部分を参考にご確認ください。

 

 ※支援コンテンツは随時更新されます。最新版は入札参加者ポータルサイト(外部サイトへリンク)に掲載されますので、併せてご確認くださいますようお願いいたします。

 ※支援コンテンツについてご不明な点がある場合は、ヘルプデスク(外部サイトへリンク)にご連絡ください。

お使いのパソコンのOSの確認

 Windows7は、令和2年1月14日をもってマイクロソフト社のサポートが終了となり、輪島市電子入札システム及び新方式(脱Java)コアシステムの動作環境から除外されました。現在お使いのパソコンのOSがWindows7の場合は、速やかにWindows10(推奨)又はWindows8.1へ移行してください。

注意事項

 ・更新作業を実施しない場合、新方式(脱Java)コアシステムを利用することができず、入札に参加できないといった事象が発生するおそれがありますので、移行時期までに必ず更新作業を行ってください。

 ・更新作業後、インストール済みのJavaは削除しないでください。削除した場合、現行システムが使用できなくなります。

 ・民間認証局、発注機関の問合せ窓口の混雑が予想されますので、早めの更新作業をお願いいたします。

参考資料(※必ずご確認ください)

 ・電子調達システムを利用される皆様へ重要なお知らせ[PDF:957KB] 

 ・電子調達SaaS新方式(脱Java)切り替えの受注者様準備について[PDF:106KB]

 

お問い合わせ

総務部 監理課
TEL:0768-23-1121
FAX:0768-22-9220

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード