7月1日からレジ袋(プラスチック製買物袋)の有料化が始まります!

公開日 2020年06月04日

買い物に行った際にプラスチック製のレジ袋をよく利用されると思いますが、近年、ごみの減量化・資源抑制・海洋プラスチックごみなどの環境問題といった観点から、全国一斉に7月1日からレジ袋有料化が始まります。このレジ袋有料化は、普段何気なくもらっているレジ袋の有料化で、それが本当に必要かを考え、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとなるよう始められるものです。買い物に行く際には、エコバッグを持ち歩くなど、できるところからプラスチックを賢く使う工夫をしてみましょう。

有料化となるレジ袋とは

有料化の対象となるのは、購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買物袋です。

ただし、環境に優しい次のようなレジ袋は対象外となります。

  • プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
  • 海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
  • バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

レジ袋有料化対象の事業者(店舗)とは

プラスチック製買物袋を扱う小売業を営む全ての事業者が対象となります。主な業種が小売業ではない事業者(製造業やサービス業)であっても、事業の一部として小売業を行っている場合はレジ袋有料化の対象となります。

小売業とは

各種商品小売業、織物:衣服・身の回り品小売業、飲食料品小売業、自動車部分品・附属品小売業、家具・じゅう器・機械文具小売業、医薬品・化粧品小売業、書籍・文房具小売業、スポーツ用品・がん具・娯楽用品・楽器小売業及びたばこ・喫煙具専門小売業をいいます。

レジ袋有料化の詳細

経済産業省のホームページでご確認ください。

レジ袋有料化に関するお問い合わせ先

 

 

 

お問い合わせ

産業部 漆器商工課
TEL:0768-23-1147
FAX:0768-23-1153