故 清水正明氏 「原爆・被爆」絵画展の開催

公開日 2020年07月27日

日時

令和2年 8月5日(水)~17日(月) 9:00~17:00

会場

輪島市文化会館 2階展示室(入場無料)

 

故 清水正明氏(元 清水医院医院長)は、昭和20年8月6日、軍務中に広島市で被爆されました。

被爆者として「語らねばならぬ、書き残さねばならぬ」との思いで、昭和49年頃からその被爆の悲惨な状況を描きはじめ、平成7年、戦後50年を機に13点の油絵を市に寄付していただきました。

戦争の惨状を知る人が少なくなっている今、この絵画展を通して原爆の廃絶や戦争の悲惨さ、平和の尊さを今後も後世に伝えていくために、是非ご家族でご来場ください。

 

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習課
TEL:0768-23-1176
FAX:0768-23-1129