三世代ファミリー同居・近居促進事業(住宅補助)

公開日 2017年03月01日

三世代ファミリー同居・近居促進事業は、子育てしやすい環境の整備を図るため、市内に住所のある方で、新たに三世代で同居または近居を始めるために住宅の新築、購入、増築、改築または改修を行う費用の一部を補助する制度です。

【対象者】

補助を受けるためには、次の全ての要件を満たす必要があります。

   1 平成28年4月1日以降に新築等の契約を締結した住宅であること

   2 新築等を行う住宅の所有者が三世代同居・近居を行う世帯員であること

   3 新築等に要した費用が100万円以上であること

   4 三世代同居・近居を始める世帯の子どもが18歳未満であること(妊娠中も含む)

   5 令和3年3月から令和4年2月末日までに住民登録を変更し三世代同居・近居を始めること

   6 市税等の滞納がないこと(世帯全員)

 

   【この補助金での言葉の定義】

 ・三世代とは・・・親子及び子どもの祖父母(祖父又は祖母どちらか一方の場合を含みます。)のこと。新たに三世代で同居または近居を始めるとは、親子または祖父母のどちら  

か、あるいは両方が住所を変更し、三世代で同居または近居を行うこと。

  ・近居とは・・・ 親子と祖父母が居住するそれぞれの住宅の間の直線距離を2km以内とすること。

 

 

【その他】

    ・新築等を行う前から三世代で同居している方は、対象外となります。

    ・新築等を行う前から三世代で近居している方は、同居となる場合のみ対象となります。

    ・住宅本体以外の工事(外構工事や倉庫・物置等の設置工など)は対象外となります。

 

【補助金額】

   ・三世代での同居・近居に対する補助 30万円

   

  【手続き・申し込み前に行うこと】

    1 新築等に関する契約を締結すること

    2 住宅の新築等の完成後、住民登録を変更し、三世代で同居・近居を始めること

 

  【手続き・申し込みから交付までの流れ】

   1 (申請者) 交付申請書兼実績報告書の提出(誓約書兼承諾書と必要書類を添付)

   2 (市)   交付決定及び額の確定通知書を交付

   3 (申請者) 請求書の提出

   

   【申請期限】  令和4年3月15日

 

お問い合わせ

健康福祉部 子育て健康課
TEL:0768-23-1136
FAX:0768-23-1138