伝統的建造物群保存地区(輪島市黒島地区)

公開日 2024年06月11日

伝統的建造物群保存地区(伝建地区)について

戦後の高度経済成長に伴う都市開発の中で、伝統的な建物が急速に姿を消し、歴史的なまちなみや景観が失われていきました。このような状況に対する危機感から伝統的建造物やこれと密接な関係にある樹木・庭園・水路・石垣などを含む歴史的なまとまりをもつ地区を伝統的建造物群保存地区として決定し、保存を図るものです。
保存を通して地区の生活や生業に新しい息吹を呼び込もうと設けられたのが伝統的建造物群保存地区の制度(伝建制度)で、この制度は昭和50年の文化財保護法の改正に伴い新たな文化財の種類として位置づけられました。
国は市町村からの申出を受けて、わが国にとって価値が高いと判断したものを重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定します。

※伝統的建造物群保存地区(文化庁ホームページ) https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/shokai/hozonchiku/ 

全国の伝統的建造物群保存地区

全国伝統的建造物群保存地区協議会は、伝統的建造物群保存地区を持つ市町村が集まり、昭和54年に発足しました。
協議会では、保存地区の歴史的町並を保存するための様々な情報を収集・蓄積し、これらを会員相互で共有するとともに全国に発信するため、ホームページの開設などを行っています。
令和5年12月15日現在、日本に105市町村で127地区が選定され、石川県では輪島市(黒島地区)のほか、金沢市(4地区)・加賀市(2地区)・白山市(1地区)が選定されています。  

輪島市の伝統的建造物群保存地区

・輪島市黒島地区(わじましくろしまちく)船主集落 平成21年6月30日に重伝建に選定されました。

輪島市黒島地区

輪島市黒島地区伝統的建造物群保存地区保存計画

 輪島市黒島地区伝統的建造物群保存地区保存計画につきましては、下記に添付しております。

輪島市黒島地区伝統的建造物群保存地区保存計画

リーフレット

※能登天領黒島の町並み(まち歩きマップ)能登天領黒島の町並み

関連サイト

※伝建協ホームページ https://www.denken.gr.jp/

※輪島市黒島地区まちなみ保存会 https://is.gd/zbKOUk

 

 

地図

輪島市黒島地区

お問い合わせ

教育委員会 文化課
TEL:0768-22-7666
FAX:0768-22-7669

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード