輪島市の景観重要建造物・景観重要樹木

公開日 2020年08月01日

 景観重要建造物・景観重要樹木の指定制度は、平成16年に制定された景観法に基づき、地域の自然、歴史、文化等からみて、建造物等(建築物及び工作物、樹木)の外観が景観上の特徴を有し、地域の景観形成に重要なものについて、輪島市長が当該建造物・樹木の所有者の意見を聞いて指定を行う制度です。

 指定を受けた建造物等には、所有者等の適正な管理義務のほか、増築や改築、外観等の変更には輪島市長の許可が必要となりますが、建造物の外観の修理・修景に係る補助制度、樹木の保全に係る補助制度が活用できます。

輪島市では、歴史的な外観をもつ建造物等を所有し、維持・保全に努めてこられた方々への支援を行うことにより、地域の個性ある景観づくりの核となる建造物等の維持、保全及び継承を図ることを目的として、積極的に景観重要建造物・景観重要樹木の指定を行っています。

輪島市景観重要建造物

大崎家住宅(主屋)

指定番号第1号

指定日:令和元年10月31日

所在地:鳳至町上町28

構  造:木造二階建

建築面積:129m2

建築年代:大正後期~昭和4年

 主屋は通り庭に面して部屋を配し、坪庭から通風や採光をとる町屋の形式である。漆器生産の現場ではわずかな塵や埃を嫌い、可能な限りこれらを排除するため、気温や湿度が安定した土蔵で作業を行っている。

 大崎家住宅は、当地における塗師屋の文化空間を今日まで残すものとして、価値の高い建物である。

中津家住宅(主屋)

指定番号第2号

指定日:令和元年10月31日

所在地:鳳至町上町119-3

構  造:木造二階建

建築面積:79m2

建築年代:大正後期~昭和4年

 主屋は中庭を中心に部屋を配置し、坪庭から通風や採光をとる。町屋の形式のようでも、通り庭を設けない点で当地の伝統的な町屋の間取りとは一部異なる。

 小路に面して手摺を設け、洒脱な外観をみせ、内部は檜を多用し、上品な造作である。

 当地における大正後期から昭和前期の町屋の様式を残すものとして、価値の高い建物である。

中島家住宅(主屋)

指定番号第3号

指定日:令和2年3月2日

所在地:鳳至町稲荷町8

構  造:木造二階建

建築面積:103m2

建築年代:大正15年

 主屋は木造二階建で切妻・妻入・桟瓦葺とし、西側に下屋を付ける。緩い勾配屋根で、細い格子戸をみせる。内部は、ミセの間を中心に田の字型に部屋を配し、根太天井をみせ、二階は家人の部屋として造作された。

 門前に通ずる外浦街道に面して並び建ち、往時の姿を良好に留めており、景観に連続性を持たせている。また、中庭を取り囲み配され、通風や採光をとる工夫もみられる。

 当地における酒造業の形式を今日まで残すものとして、価値の高い建物である。

中島家住宅(土蔵)

指定番号第4号

指定日:令和2年3月2日

所在地:鳳至町稲荷町8

構  造:土蔵造二階建

建築面積:33m2

建築年代:大正後期~昭和4年

 土蔵は土蔵造二階建で切妻・平入・桟瓦葺とし、東側に下屋を付ける。豪壮な構造材をみせ、南面より採光をとる。

 門前に通ずる外浦街道に面して並び建ち、往時の姿を良好に留めており、景観に連続性を持たせている。また、中庭を取り囲み配され、通風や採光をとる工夫もみられる。

 当地における酒造業の形式を今日まで残すものとして、価値の高い建物である。

中島家住宅(離れ・門塀)

指定番号第5号

指定日:令和2年3月2日

所在地:鳳至町稲荷町8

構  造:木造

建築面積:128m2

建築年代:大正後期~昭和4年

 離れは木造平屋建で切妻・妻入・桟瓦葺とし、北側・西側に下屋を付ける。欄間や造作材に凝った意匠が見られ、来客のための場として設けられた。

 門前に通ずる外浦街道に面して並び建ち、往時の姿を良好に留めており、景観に連続性を持たせている。また、中庭を取り囲み配され、通風や採光をとる工夫もみられる。

 当地における酒造業の形式を今日まで残すものとして、価値の高い建物である。

塗師の家(旧広井家住宅 主屋)

指定番号第6号

指定日:令和2年7月31日

所在地:河井町1-82-3

構  造:木造二階建

建築面積:71m2

建築年代:明治後期

 主屋は通り庭に面して部屋を配し、坪庭から通風や採光をとる町屋の形式である。

 漆器生産の現場では僅かな塵や埃を嫌うため、可能な限りこれらを排除するため、気温や湿度が安定した土蔵で作業を行っている。

 塗師屋の文化空間を今日まで残すものとして、価値の高い建物である。

塗師の家(旧広井家住宅 土蔵)

指定番号第7号

指定日:令和2年7月31日

所在地:河井町1-82-3

構  造:土蔵造二階建

建築面積:62m2

建築年代:江戸後期

 土蔵は土蔵造二階建で切妻・平入・桟瓦葺とし、南側に下屋をつける。二階には上塗場(うわぬりば)を配している。

 塗師屋の文化空間を今日まで残すものとして、価値の高い建物である。

塗師の家(旧広井家住宅 作業屋・門塀)

指定番号第8号

指定日:令和2年7月31日

所在地:河井町1-82-3

構  造:木造三階建

建築面積:93m2

建築年代:明治後期

 作業場は木造三階建で切妻・妻入・桟瓦葺とし、作業室や物置を配する。

 塗師屋の文化空間を今日まで残すものとして、価値の高い建物である。

 

景観重要樹木

白藤家の黒松(樹種:クロマツ、員数:1)

指定番号第1号

指 定 日:令和元年10月31日

所在地:鳳至町上町24

樹   高:10.00m

胸高幹周囲:1.75m

樹   齢:200年

  幅  :9.10m

 江戸中期に廻船業をはじめ、やがて質屋を経て、現在の場所で酒造りをはじめたと伝わる。

 中庭にある黒松は樹齢200年とされ、家屋の造作とともに植えられたと考えられている。

 江戸中期から今日まで鳳至上町を見つめてきた、同地区のシンボルとなっている歴史的な樹木である。

中江家の手弱女桜(樹種:タオヤメザクラ、員数:1)

指定番号第2号

指 定 日:令和元年10月31日

所在地:石休場町上野27

樹   高:10.60m

胸高幹周囲:2.40m

樹   齢:70年

  幅  :17.40m

 この手弱女桜は現在の照福寺の旧参道、上り口付近にあったものを、県道工事の支障になり、地元住民が切り株を現在地に移植したものといわれている。

 手弱女桜(タオヤメザクラ)は里桜(サトザクラ)の一種で、平安時代の頃より観賞用として愛され、平野神社(京都)のものが原木とされる。文治二(1186)年、大屋庄の地頭となって赴任した長谷部信連の随士であった中江家の先祖が、伏見稲荷(京都)詣出に赴いたと伝わる。この際に手弱女の種か幼苗を持ち帰ったものが当地で根付いたと地元では考えられている。

 手弱女は、花は中輪・八重咲きで淡紅色が特徴で、周辺の田園を見下ろす高台に位置し、樹勢は良好である。毎年春には多くの人々を魅了しており、地域のシンボルとなっている。

中島家の垂柳檜葉(樹種:スイリュウヒバ、員数:1)

指定番号第3号

指 定 日:令和2年3月2日

所在地:鳳至町稲荷町8

樹   高:5.30m

胸高幹周囲:1.13m

樹   齢:100年

  幅  :4.00m

 離れを造作した時期に庭園を整備したと伝わる。樹齢100年といわれる垂柳檜葉は、家屋の造作とともに植えられた。

 今日まで中島家の酒造りの歴史を見守り、来客者の目も楽しませており、同家のシンボルとなっている。

輪島漆芸美術館の江戸彼岸(荘川桜の実生 荘川七郎)(樹種:エドヒガン、員数:1)

指定番号第4号

指 定 日:令和2年7月31日

所在地:水守町四十苅11

樹   高:7.50m

胸高幹周囲:1.00m

樹   齢:44年

  幅  :10.00m

 荘川桜は、昭和35年(1960)に電力需要に伴うダム建設により水没する予定であったものを、前代未聞といわれた大移植作業を経てダム建設予定地から近傍に移植された。移植されてもなお力強く咲く荘川桜に勇気づけられた佐藤良二氏(故人)らがその種から育てたものが昭和51年(1976)に当地にもたらされ、翌年植樹された。

 枝葉も力強く、毎年淡い桃色の花弁が咲く。来館者を迎えるシンボルとなっている。

輪島漆器商工業協同組合の染井吉野(樹種:ソメイヨシノ、員数:1)

指定番号第5号

指 定 日:令和2年7月31日

所在地:河井町24-59-11

樹   高:8.00m

胸高幹周囲:2.80m

樹   齢:90年

  幅  :11.00m

 当地は「森の下」と呼ばれ、かつては緑が生い茂る場所だったと伝わる。ここには旧輪島町役場がおかれ、木骨造3階建のモダンな外観は当地の名所として、また、地域のシンボルとして親しまれていた。

 現存する桜はその敷地内にあり、昭和48年(1973)に現在の市役所新庁舎が建設されると、旧役場は解体され、観光客を受け入れる駐車場として整備された。

 昭和20年代、30年代に度々襲った大水害にも耐え、現在も観光客らを迎える地域のシンボルとなっている。

聖光寺の染井吉野(樹種:ソメイヨシノ、員数:2)

指定番号第6号

指 定 日:令和2年7月31日

所在地:輪島崎町1-116

樹   高:(左)10.00m

      (右)9.00m

胸高幹周囲:(左)2.35m

      (右)2.60m

樹   齢:(左)150年

      (右)150年

  幅  :(左)11.00m

      (右)11.00m

 聖光寺は元は臨済宗で14世紀半ばに建立されたと伝わる。当地は能登守護畠山氏の重臣・温井氏の所領で、聖光寺は温井氏の氏寺であったが、兵火により廃寺同様であったものを、江戸初期に前田家の統治下に曹洞宗として中興、今日に至る。

 寺院には東福寺兆殿司の作画とされる十六羅漢のうち、第七の迦梨迦尊者の掛け軸一幅が伝わる。これに長谷川信春(等伯)が影響を大いに受けたと考えられており、京文化を当地に伝える有力な寺院であったことを物語っている。

 境内には大木が多くあったが、寺院の改築によりやむなく伐採されたものの一部が残存しており、樹齢150年とされる染井吉野が隆々とし、春には境内を鮮やかに染め、参拝する人々を迎える地域のシンボルとなっている。

地図

輪島市の景観重要建造物等

お問い合わせ

建設部 都市整備課
TEL:0768-23-1156
FAX:0768-23-1198