令和3年度 病院指標

令和3年度 市立輪島病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 120 50 25 39 34 51 148 314 439 272
退院患者数は60代から急増し、80代でピークを迎えております。この傾向は過去数年のデータと比較しても変わっておらず、今後も退院患者数に占める高齢者の割合は高い水準で推移するものと見込まれます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 79 24.71 17.35 1.27 85.30 -
180030xxxxxx0x その他の感染症(真菌を除く) 定義副傷病なし 75 8.51 10.47 0.00 33.44 -
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 40 33.63 20.57 0.00 87.30 -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 35 15.80 10.66 2.86 82.74 -
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 29 13.83 13.14 0.00 85.55 -
当院の内科の入院患者の特徴として、診断分類別上位5位の平均年齢が70代後半から80歳を超えております(ただし、第2位の症例を除く)。また、平均在院日数が全国平均と比較しても非常に長くなっております。これは、複数の疾病を併発している高齢の入院患者がおおいためと推測されます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 13 3.69 10.66 0.00 4.46 -
180030xxxxxx0x その他の感染症(真菌を除く) 定義副傷病なし - - 10.47 - - -
140010x199x0xx 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置2なし - - 6.13 - - -
040090xxxxxx0x 急性気管支炎,急性細気管支炎,下気道感染症(その他) 定義副傷病なし - - 5.83 - - -
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎 処置2なし - - 7.50 - - -
150040xxxxx0xx 喘息 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 6.24 - - -
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術なし 処置2なし - - 3.83 - - -
小児科では新生児期における体液量減少症の症例が最も多くなっております。症例数が10未満のものは「-」と表示しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 12 7.75 4.74 0.00 76.00 -
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 10 9.60 9.00 0.00 73.60 -
060210xx9700xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術あり 処置1なし 処置2なし 10 28.70 14.15 0.00 76.30 -
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 処置2なし 定義副傷病なし - - 5.53 - - -
060335xx99x00x 胆嚢炎等 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 10.94 - - -
ここ数年、当院の外科の院患者の病名構成に大きな変化はありませんでしたが、昨年のデータと比較し、鼠径ヘルニアや腸閉塞で入院する患者の増加が目立っております。また、入院患者の平均年齢が高いため、平均在院日数も全国平均と比較すると長くなる傾向にあります。症例数が10未満のものは「-」と表示しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xxxx 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 58 37.16 19.34 0.00 86.00 -
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 39 64.74 25.32 0.00 86.15 -
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 22 10.64 4.99 0.00 73.36 -
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 処置2なし 10 41.90 19.02 0.00 80.90 -
071030xx99xx0x その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術なし 定義副傷病なし 10 24.70 9.57 0.00 87.60 -
当院の整形外科では、上位3位の病名構成はここ数年のデータと全く同様でした。前腕の骨折のケースを除き、入院患者の平均年齢は80歳を超えております。このため、リハビリテーション等回復までに要する時間も多く必要となるため、平均在院日数も長くなる傾向にあります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置2なし 13 7.46 6.13 0.00 0.00 -
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 - - 9.38 - - -
120180xx99xx0x 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 定義副傷病なし - - 6.01 - - -
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術なし 処置2なし - - 3.05 - - -
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり - - 8.31 - - -
小児科では新生児期における低血糖・低体重に関連した症例が最も多くなっております。症例数が10未満のものは「-」と表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7,8
大腸癌 - - 10 10 - - 1 7,8
乳癌 - - - - - - 1 7,8
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7,8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

大腸癌のステージⅢおよびステージⅣ以外は症例数が少なく、公開する基準には達しませんでした。症例の数では、大腸癌、胃癌が多く、以下肺癌、肝癌、乳癌の順となっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 31 22.68 85.61
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
中等症の入院患者のみで患者構成の約78%を占める結果となり、軽症、重症および超重症の入院患者は公開する基準には達しませんでした。平均年齢、平均在院日数ともに過去数年のデータと比較しても目立った変化はありませんでした。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 29 38.21 77.83 3.45
その他 - - - -
過去数年のデータと比較しても目立った変化はありませんでした。現在、当院では脳神経外科が一般外来診療を当面の間休診しているため、必要があれば専門の医療機関に転院していただいております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 13 5.46 20.62 0.00 83.69 -
K654 内視鏡的消化管止血術 12 2.33 22.33 8.33 77.67 -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 11 5.09 2.91 0.00 69.91 -
K6851 内視鏡的胆道結石除去術(胆道砕石術を伴う) - - - - - -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜) - - - - - -
当院の内科では、内視鏡的胆道ステント留置術が最も多く、次いで内視鏡的消化管止血術が多くなっております。内視鏡下での手術は患者への身体的負担が少なくなり(低侵襲)、入院期間の短縮化につながります。症例数が10未満のものは「-」と表示しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 13 0.85 5.92 0.00 74.46 -
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - - -
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - - - - -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - - -
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - - -
当院の外科では、今回最も多くなった鼠径ヘルニア手術を除き、集計結果が10未満となったため公開基準を満たさず、10未満のものは「-」と表示しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 31 2.19 51.00 0.00 86.55 -
K0462 骨折観血的手術(前腕) 23 0.52 12.39 0.00 75.04 -
K0462 骨折観血的手術(下腿) 10 2.90 47.30 0.00 73.20 -
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - - -
K0461 骨折観血的手術(上腕) - - - - - -
公開する基準に達したものは全て骨折観血的手術でした。また、若干の順位の変動はあるものの、上位3位の患者構成は過去数年のデータと比較しても目立った変化はありませんでした。10未満のものは「-」と表示しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 10 0.40 5.70 10.00 31.30 -
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - - -
K8531 腟閉鎖術(中央腟閉鎖術(子宮全脱)) - - - - - -
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) - - - - - -
K893 吸引娩出術 - - - - - -
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) - - - - - -
当院の産婦人科では、今回最も多くなった帝王切開術(選択帝王切開)を除き、集計結果が10未満となったため公開基準を満たさず、10未満のものは「-」と表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
当院では症例数がいずれも10件未満であるため、公開の対象となるものはありませんでした。
更新履歴
2022/9/30
病院指標を公開しました。