平成30年度 病院指標

平成30年度 市立輪島病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 116 15 21 47 50 95 217 375 643 341
退院患者数は60代から急増し、80代でピークを迎えます。昨年、一昨年度と比較してもこの傾向は変わっておらず、今後も同様の推移をたどるものと予想されます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 74 43.84 17.67 5.41 87.91  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 53 39.79 20.92 1.89 86.74  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 36 32.97 12.58 5.56 82.61  
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 29 11.48 5.42 0.00 73.93  
100380xxxxxxxx 体液量減少症 26 21.27 9.12 3.85 84.31  
当院の内科の入院患者の特徴として、上位5位までを見ても平均年齢が80歳を超えており、複数の疾病を併発しているケースが多いため、平均在院日数が全国平均と比較しても非常に長くなっています。他の科にもいえることですが、様々な患者のニーズに対応するため、地域包括ケア病棟や療養病棟といった異なる機能をもつ病棟を活用し、患者のケアに当たっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 42 20.93 10.08 0.00 80.90  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 32 18.75 8.95 3.10 72.28  
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 27 11.48 5.41 0.00 58.89  
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 17 29.47 17.66 0.00 85.88  
060100xx03xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 15 11.67 7.15 0.00 73.13  
ここ数年病名の構成に大きく変化はありません。転院率が低く、急性期から慢性期、在宅復帰など退院まで当院で完結していることがうかがえます。他科と同様に患者の平均年齢は高く、平均在院日数も全国平均より長くなる傾向は変わっていません。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 61 36.61 19.61 0.00 83.67  
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 32 57.81 26.30 0.00 82.06  
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 19 13.89 5.68 0.00 74.11  
070350xx99x0xx 椎間板変性,ヘルニア 手術なし 処置2なし 13 10.38 10.17 0.00 53.08  
160850xx01xx0x 足関節・足部の骨折・脱臼 骨折観血的手術 鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他等 定義副傷病なし 11 21.73 16.24 0.00 64.91  
上位3位の病名構成は昨年と全く同様でした。特徴的なのは、椎間板変性、ヘルニアで、比較的患者の平均年齢も低く、平均在院日数もほぼ全国平均と同値でした。転院率は上位5位までではすべて0で、急性期治療からリハビリの提供、在宅などへの退院をすべて当院で提供できているものと推察されます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 35 13.46 12.58 0.00 72.26  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
公開する症例数に達したものは第1位のものだけでした。平均在院日数も全国平均と大差なく、標準的な治療が提供でき、順調な経過をたどっているものと考えられます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - 13 - 11 - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

大腸癌のステージⅢおよび不明以外は症例数が少なく、公開には至りませんでした。
症例の数では、大腸癌、胃癌が多く、以下肺癌、乳癌、肝癌の順となっておりますが、下位3つの症例は上位と比較すると非常に少ない症例数となっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 98 25.81 83.73
重症 16 42.81 85.56
超重症 - - -
不明 - - -
中等症と重症で患者構成の大半を占めております。平均年齢、平均在院日数ともに中等症より重症が高くなる傾向は例年と変わりありませんが、中等症の平均年齢が若干上昇しております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 58 50.91 79.43 5.17
その他 - - - -
脳梗塞の患者数等についても、他の項目と同様にほぼ例年と変わりない傾向になっております。脳神経外科が当面休診となっているため、必要があれば専門の医療機関に転院していただいております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 26 3.58 11.50 0.00 73.88  
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 20 1.65 8.70 0.00 69.85  
K6871 内視鏡的乳頭拡張術 19 4.26 17.58 0.00 83.26  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 14 9.79 5.71 0.00 70.64  
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 13 7.77 25.31 0.00 84.77  
昨年と同様、上位5位までが内視鏡を使用した手術となりました。患者の侵襲が少ない内視鏡治療を積極的に行うことで、心身の負担が少ない医療を提供できているものと推察されます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 23 2.09 47.61 0.00 81.87  
K0462 骨折観血的手術(前腕) 22 1.05 16.96 0.00 73.55  
K0462 骨折観血的手術(下腿) 19 1.58 25.00 0.00 65.84  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 11 2.82 63.36 0.00 81.73  
- - - - - - -  
上位3位の構成は昨年と全く同じものとなりました。転院率はいずれも0で、すべての症例で術後のケアも含めて当院で完結することができたと考えられます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
当院では症例数がいずれも10件未満であるため、公開の対象となるものはありません。
更新履歴
2019/10/1
病院指標を公開しました。