病院概要

平成28年度 病院指標

平成28年度 市立輪島病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 39 17 37 39 54 91 246 354 738 296
少子高齢化が進む輪島市において唯一の病院である当院では、高齢者の入院患者数が多くなっております。その中でも80歳代が38.61%と最も多く、70歳代が18.52%、90歳代が15.48%と続いています。この傾向は昨年度と大きく変わっておらず、今後も高齢者の患者比率は高い水準で推移するものと見込まれます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 45 13.69 9.08 4.44% 76.27  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 局限性腹腔鏡腫瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 37 20.43 11.06 0.00% 81.24  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 31 14.90 5.50 0.00% 62.45  
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 処置2なし 23 11.52 9.19 0.00% 72.83  
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 18 11.00 2.72 0.00% 77.11  
医療資源を最も投入した傷病名としては、腸に関する病名が多くなっております。自院で完結する症例、もしくは高次の病院で治療を受けられた患者のフォローが中心で、転院率は低くなっております。平均在院日数は患者の平均年齢も高く、複数の病気を併発している患者も多いため、全国平均より長くなる傾向にあります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損(胸・腰随損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 47 27.60 20.57 0.00% 84.15  
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 38 41.76 27.63 0.00% 84.29  
070370xx97x1xx 脊椎骨粗鬆症 その他の手術あり 処置2あり 11 60.55 44.34 0.00% 78.45  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし - - 5.49 - -  
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 - - 5.69 - -  
医療資源を最も投入した傷病名としては、骨折に関連したものが多く見受けられます。他科同様自院で完結する症例や他院で治療を受けられた方のフォローが多く、転院率は低くなっております。平均在院日数についても、高齢者の患者が多く、リハビリにも時間を要するため全国平均より長くなる傾向にあります。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 5.45 5.24 0.00% 74.73  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.50 - -  
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし - - 9.60 - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
症例によってはクリニカルパスを活用した治療を行っております。今回数値を公開する傷病名は1例のみでしたが、平均在院日数はほぼ全国平均どおりとなっております。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 78 33.58 21.25 1.28% 85.32  
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 69 32.20 17.95 2.90% 86.45  
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上  手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア1 43 15.07 13.60 0.00% 84.91  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上  手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア2 33 33.27 15.29 0.00% 86.06  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 25 48.04 12.43 0.00% 79.56  
医療資源を最も投入した傷病名としては、肺炎に関するものが多数を占めております。どの症例も平均年齢も85歳前後と非常に高く、平均在院日数も全国平均と比較すると長くなる傾向にあります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 54 13.33 12.43 0.00% 74.06  
110080xx991xxx 前立腺悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 13 3.08 2.68 0.00% 70.69  
110080xx99030x 前立腺悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2_3あり 定義副傷病なし - - 15.07 - -  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 処置2なし - - 19.24 - -  
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 処置2_2あり 定義副傷病なし - - 11.72 - -  
上位5位は腫瘍もしくは感染症が占める結果となりました。指標を公表する数値(10症例以上)に至った医療資源を最も投入した傷病名は2項目でしたが、クリニカルパスを活用した治療を行っている効果もあってか、いずれも平均在院日数は全国平均と大差ありませんでした。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 12 - - 1 6
大腸癌 - - 16 - - - 1 6
乳癌 - - - - - - 1 6
肺癌 - - - - - - 1 6
肝癌 - - - - - - 1 6

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

指標を公表する数値(10症例)に達したものは2項目しかありませんでしたが、総数で見ても胃癌、大腸癌の順に症例数が多くなっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 90 15.94 76.82
中等症 77 32.08 84.00
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
軽症、中等症で全体の77.34%と大多数を占めております。平均年齢、平均在院日数ともに軽症より中等症が高くなっていますが、重症以上では中等症とあまり差はありません。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 66 77.09 80.58 6.06%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院では脳神経外科が休診となっており、専門的な治療が必要な患者は高次の病院へ紹介しているため、症例数は発症3日以内の脳梗塞(I63$)を除き非常に少なくなっております。平均年齢が80歳を超えており、平均在院日数も非常に長くなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳糖括約筋切開のみ) 25 6.68 12.40 0.00% 78.32  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 21 5.48 6.81 0.00% 77.81  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 17 11.94 12.18 0.00% 77.53  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 15 5.73 19.00 0.00% 71.73  
K6335 鼠径ヘルニア手術 13 1.31 5.62 0.00% 71.54  
内視鏡を使用した手術が上位3位までを占めており、内視鏡を積極的に行っていることが数値にも反映されています。また、当院は常勤の麻酔科医がいないため、全身麻酔下での手術を行える日に限りがあることも結果に影響していると思われます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿 36 2.31 35.11 0.00% 81.89  
K0462 骨折観血的手術(前腕) 23 1.04 11.3 0.00% 57.74  
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
今回公表する件数に達した2つの手術はともに骨折観血的整復術でした。その2術式の患者の平均年齢は、それぞれ特徴的なものとなりました。平均術後日数についても大腿骨骨折ではリハビリに多くの時間を要するため、退院までの期間が長くなることが顕著に現れています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
上記の症例については、当院での発生率が非常に低く、今回公表する項目はありません。
更新履歴
2017/9/29
平成28年度 病院指標を公開しました。