病院概要

平成29年度 病院指標

平成29年度 市立輪島病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 40 31 32 36 48 91 231 373 751 309
入院患者数は10代から40代まではほぼ横ばいですが、50代から患者数が増え始め、80代でピークを迎えます。この傾向は近年変わっておらず、今後も同様の推移をたどるものと予想されます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 49 36.30 10.61 0.00% 81.60  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 24 14.83 5.50 0.00% 64.67  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 24 17.17 8.98 4.16% 73.25  
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 23 22.30 9.85 4.34% 79.30  
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 処置2なし 14 11.29 9.06 0.00% 78.50  
昨年と比較し、胆管結石の病名が増加しておりますが、病名の構成はほとんど変化がありません。患者構成は平均年齢が高く、平均在院日数も全国平均と比較すると、長くなる傾向にあります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 79 34.06 19.94 1.26% 81.67  
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 41 58.73 27.09 4.87% 82.53  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 19 7.15 5.21 0.00% 63.32  
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 処置2なし 15 35.67 19.97 0.00% 80.40  
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 12 32.50 22.44 0.00% 83.92  
例年と同様、骨折に関連した傷病名が多くなっております。患者の構成は前腕の骨折を除いては平均年齢が80歳を超えており、非常に高齢者が多くなっております。ここれに伴い、リハビリ等回復に要する時間も多くかかるため、平均在院日数も長くなる傾向にあります。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 84 44.56 20.83 0.00% 86.87  
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 82 36.40 17.71 2.43% 88.55  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 33 21.55 12.34 0.00% 80.67  
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア1 27 24.40 13.51 0.00% 83.11  
100380xxxxxxxx 体液量減少症 24 19.08 9.16 4.16% 86.79  
内科の症例はすべてのもので平均年齢が80歳を超えており、高齢化が顕著に表れております。この影響もあってか、平均在院日数も全国平均の倍ほどとなっております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 37 14.81 12.34 0.00% 78.02  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
一つの病名以外は患者数が10名未満のため、公開の対象外となっております。患者の平均年齢が78歳と高齢傾向にありますが、平均在院日数はそう長くなっておらず、当該症例に関しては標準的な治療が実現できているものと推察されます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 14 - - 1 6
大腸癌 - - 10 - - - 1 6
乳癌 - - - - - - 1 6
肺癌 - - - - - - 1 6
肝癌 - - - - - - 1 6

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

公開数(10症例以上)に至った項目は2項目でした。今年度は大腸癌が総数では一番多く、Stageがあがるにつれて症例数も多くなる傾向が見られました。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 81 25.83 78.87
重症 36 33.33 85.03
超重症 - - -
不明 - - -
中等症と重症で患者構成の大半を占めております。平均年齢、平均在院日数ともに中等症より重症が高くなる傾向は昨年度と変わりありません。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 63 50.22 79.51 6.34%
他の症例の傾向と変わりなく、患者構成も平均年齢が80歳に迫っており、平均在院日数も長くなる傾向にあります。当院では脳神経外科が休診となっており、転院率も高めとなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 10.68 23.77 0 84.55  
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 21 12.48 44.57 0 84.67  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 20 9.35 17.6 0 79.75  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 19 3.74 9.84 0 77.95  
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 17 5.41 8.24 0 70.71  
上位5位まですべてが内視鏡を使用した手術となりました。これは、内視鏡を活用した治療に積極に取り組んでいること、また、当院では常勤の麻酔科医師が勤務しておらず、全身麻酔を行う手術を行える日に限りがあることが影響しているものと思われます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 30 2.63 49.5 0.00% 83.20  
K0462 骨折観血的手術(前腕) 22 0.95 8.59 0.00% 67.50  
K0462 骨折観血的手術(下腿) 11 2.82 26.09 9.09% 63.64  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
公開に至った項目(10症例以上)はすべて骨折観血的手術でした。術前日数、術後日数からも、足に関するものはいずれも長くなり、腕に関するものはいずれも短くなる傾向にあります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
当院では症例数がいずれも10件未満であるため、公開の対象となるものはありません。
更新履歴
2018/10/1
病院指標を公開しました。